SNSのプレゼント企画で当選するためにやっておくといいこと

スポンサーリンク

TwitterなどのSNSで有名人の方が企画する現金プレゼントや、商品が当たるプレゼント企画で当選するために必要なこと・やっておくと良いことについて紹介していきます。

普通に応募するよりも効果的なはずですよ!

誰かの当選の助けになればうれしいですね。

スポンサーリンク

SNSの現金プレゼント企画で当選するために

参加条件
  • 該当のアカウントをフォロー
  • 該当のツイートのRT(リツイート)

上記は参加するために条件になります。

これらのことをしなくては、プレゼント企画に参加できません。

当選するかもしれませんが、真偽は不明です(´・ω・`)

やっておいた方が絶対に良いです!

当たりやすくするためにやること
  • お金やその品物の使い道など
  • 応援リプライ

また、上記のことをすると当選に効果があると思います。

SNSでのプレゼント企画をするうえで、匿名性や複数アカウントでの応募を警戒するため、こういった対策は妥当な戦略でしょう。

少し手間はかかりますが、本気で当選を目指す方は意識してやってみるのがいいと思いますよ!

やっても意味がないこと・効果が薄いこと

やっても意味がないもの・効果が薄いもの
  • 複数アカウントでの応募

複数アカウントでの応募は、効果がかなり薄いと思います。

それなりにフォロワーも多く、ツイートも頻繁に行っているアカウントが複数あるのであれば、応募してもいいかもしれません。

新規アカウントを複数作成し、応募するのは意味がないのでやめましょう。

SNSの現金プレゼント企画を分析する

ここからは実際にあった過去のプレゼント企画を分析し、考察していこうと思います。

ZOZOの前澤社長の総額1億8千万プレゼント企画・100万円プレゼント企画より

SNSでのお金のばらまきはZOZOの前澤社長を皮切りに、よく目にするようになってきました。

みんなが欲しいのはお金じゃなくて夢なんだなって思う。100万円あったら〇〇に使いたいの〇〇が、友達や家族や社会や動物や、多くの自分以外に向けられていてなんか泣けてくる。日本、まだまだ捨てたもんじゃない。たくさんの夢がある。RT数が日本記録更新とのこと。うん、夢がある。ありがとう。

前澤社長のTwitterより

前澤社長の総額1億円プレゼント企画は、「夢について」語っているアカウントの中から選抜するというものでした。

RTだけでは抽選されていないことが分かり、批判が相次いでいました。

判別内容を聞いたときは、そうだよな、って納得しましたね。

青汁王子の総額1億8千万プレゼント企画・100万円プレゼント企画より

青汁王子こと、三崎優太氏の1億8千万プレゼント企画では、当選者の分析を行うことで面白いことが見えてきました。

今回当選したこちらの方ですが、こちらの方と青汁王子とのやり取りを見て気が付いたことがあります。

なんと、プレゼント企画が始まる前から、応援リプライを送り続けています。

企画が始まった後も、青汁王子を応援するリプライを送っています。

このことからも、「RT」や「いいね!」だけでは、当選も難しいことがわかります(´・ω・`)

あとがき

現金プレゼント企画で当選するには、「RT」や「いいね!」だけでは足りないことが分かってもらえたと思います。

なんだか、中学生や小学生時代にあった、「懸賞はがきの余白に色々書いて応募すると当たりやすくなる」という裏ワザを思い出します。

判断するのが同じ人間ですから、ひと手間を加えてくれる人を選びたくなるのだと思います。

夢や応援メッセージをその人に向かって送ることで、当たりやすくなるかもしれませんね。

一旦、お金のことは忘れてリプライを送るといいかもしれませんね!

ライフスタイル
スポンサーリンク
kanbatch

インターネットが好きです。
新卒で一流企業に就職するも、会社員務めが絶望的に合いませんでした。
今はこのkanbatch'sBlogとゲーム攻略サイト(Baskmedia)を運営したり、適当な文章を書きながら、田舎でのんびり生活してます。

kanbatchをフォローする
kanbatchをフォローする
kanbatchブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました