FPS指南書~K/D1-2の教科書~

キルも取れてきて、チームにそれなりに貢献出来てきた。

しかし、そこまで活躍しているわけではない。

そんな段階の人はこの記事を参考にしてほしい。

 

K/D1の壁は基本的なゲーム理解という部分に焦点を当ててきた。

基本的なAIM練習などは継続していってもらいたい。

ポイントを押さえた説明をしていくので、一つ一つ自分に足りない部分を見て行ってもらえればと思う。

 

 

強いポジションを理解する。

FPSの撃ち合いにおいて、相手よりも有利な位置を取るというのは打ち勝つために必要な知識だ。

全身が出ている人と、壁の裏から頭一つで覗いている人の場合であれば、もちろん頭一つで撃ち合ったほうが有利だ。

もちろん負ける可能性も確かにあるが、1割でもこちらが有利な位置を取ることを意識しよう。

とはいっても、どこが強いポジションなの?こっちが強い?あっちが強い?なかなかピンと来ないと思う。

凄く簡単で申し訳ないが、

・高低差があり、相手よりも高いポジション。

・相手との間に遮蔽物があるポジション。

状況にもよるがこのような理解でおおむね合っていると思う。

地の利を活かして相手に撃ち勝とう!

 

 

相手の動きを予測する

相手の動きを予測するうえで、先に述べたポジションへの理解を十分に活かすことができる。

基本的には敵も強いポジションを取る動きをする。

敵が自分の位置をわかっている状態であれば、最後に敵がいた位置から一番近くてこちらに有利な場所へやってくると考えるのが妥当だ。

その場合に自分はどのようにアプローチしたほうが有効的なのか考えよう。

・先に相手よりも強いポジションに辿り着けるから、攻める!

・敵二人いるし撃ち合っても勝てなさそうだから、下がる!

このように相手の動きを予測していこう。

そのためには、あそこの位置に辿り着くまでどれだけ時間が掛かるかなど、

MAP移動の感覚なども必要になってくるがなんとなく感覚でわかってくると思う。

 

 

上手い人の立ち回りを分析する

自分のプレイしているFPSゲームを上達することの近道は、上手なプレイヤーの動きを参考にすることです。

各動画サイトや配信サイトで上手い人の動画を漁りましょう。

montageと呼ばれるキルシーンをつなぎ合わせた動画よりも、1ゲームフルの動画を見てみましょう。

そして、ただ単に、上手いなー、凄いなー、と脳味噌を空っぽにすることはやめましょう。

・どうして、この人はこの動きを取ったのか

・なぜこの位置に移動したのか

常にその人のプレイに疑問を持ち、自分なりの理解に落とし込んでください。

 

 

ひたすらAIM練習

原点にして、絶対にやらなくてはいけないことです。

集中してやるよりも、何かをしつつAIMが自動的に敵に合うまで落とし込んでください。

アニメを見ながらでも、友達と会話しながらでもいいです。

AIMはあるほうだと勘違いして、練習しない人が多いですが、

そんなのは中学生のサッカーやバスケットボールなどの球技でよく見られる、

ドリブルの自主練もしないで楽しい練習試合ばっかりやってる人と変わらないです。

AIM練習したほうが絶対成長できます。面白くはないですが、頑張りましょう。

 

 

K/D2までの道のりはこんな感じだと思います。

何か思いついたら追記しますね!

 

FPS指南書
スポンサーリンク
kanbatch

インターネットが好きです。新卒で一流企業に就職するも、会社員務めが絶望的に合いませんでした。元MENSA会員ですが、ADHDかつ社会不適合者だったりします。今はこのkanbatch'sBlogとゲーム攻略サイト(Baskmedia)を運営したり、適当な文章を書きながら、田舎でのんびり生活してます。

kanbatchをフォローする
kanbatchをフォローする
kanbatch's Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました